コンテンツマーケティング

「捨てられないDM」になるための5つのポイント

日頃あなたの郵便ポストのなかには、たくさんの郵便物が届いていると思います。
あなたはこの大量の郵便物を受け取った時に、何をするでしょうか?

おそらく自分に、「関係あるもの」と「関係ないもの」にまず「振り分ける」と思います。

いわゆる「すぐゴミ箱行きのもの」と「中身を確認するもの」の2種類です。

この最初の振り分けで多くの郵便物が中身を全く確認されることなくゴミ箱に捨てられてしまいます。

では、もしあなたがDMなどの郵便物を送った側だとしたらどうでしょうか?
お客さんの数ある郵便物の中にあなたが送ったDMが含まれていたらどうでしょうか?

この最初の振り分けに残り、「中身を確認するもの」に残ることがとても重要になります。

あなたのDMもこの「最初の審判」に生き残らなければいけません。

では、どうやったらこの最初の振り分けに生き残ることが出来るのか?
「最初の審判」に生き残ることが出来るのか?

「捨てられない」DMになるための5つのポイントをお伝えします。

「既存」のお客さんに送るようにする

既存なのか新規なのかで内容も変わればやり方も変わってきます。

そして、DMは広告媒体のなかでもかかるコストが一番かかる部類になってきます。
とした時に、せっかく送るなら当然反応が高い方が良いにこしたことはありません。

そう考えると、送り先をどこにするかが重要になってきます。
その際にオススメするのは、「既存」のお客さんに送るというものです。

「新規の見込みのお客さん」にDMを送ることも一般的なチラシに比べると確かに反応は高いと思います。

しかし、より高い成果を出すことを考えた場合には「既存のお客さん」に送ることをオススメです。

例えば、封筒にしてDMを送ろうと思った際に、中身が見えないように送ったとします。

もしあなたが、知らない人から中身が分からない封筒などが届いたらどうでしょうか?

怖くて開けないですよね?

それはお客さんも同じことです。

全く同じものを送ったとしても、新規の見込みのお客さんに送るよりも、既存のお客さんさんに送る方が、当然開封率も当然上がってきます。

高いコストをかけて、一番残念なことは、封を切られないままゴミ箱に捨てられてしまうことです。

そうならないためにも、まずDMの内容を見てもらうためにも、新規のお客さんよりも既存のお客さんに送るようにしてみて下さい。

 

封筒を工夫する

相手の手元にDMが届いた際に、少しでも興味を持って中身をみてもらえるようにに工夫できないかを考えてみましょう。

これは、もちろんDMの中身に興味を持ってもらうためもありますし、他にもたくさんのDMが届くなかで、少しても他と違うとう印象を持ってもらうためです。

もし仮に、全く同じ茶封筒が届いていたとします。

大きさも、形も色も同じ。
ただ違うことは、封筒に書かれている内容でした。

片方の封筒には特になにも書いておらず、あなたの宛名しか書いてありません。

もう一つの封筒は、
「あなたに重要な内容が同封されています、すぐにご開封ください」
と書かれています。

その時、あなたはどちらの封筒を先に開封し確認するでしょうか?

相当なあまのじゃくでない限り、おそらく後者の封筒を開封すると思います。

このように、同じ封筒であったとしても表に書かれている「内容」や「メッセージ」を工夫するだけでも、受け取り側の興味の度合いが変わってきます。

この場合、メッセージでなくても構いません。

「封筒の大きさ」を変えたり「封筒の色」を変えたりなど他のDMとは少し違う、内容が気になる、という要素を入れられないかと是非考えてみてください。

 

特典を入れておく

もし、あなたの手元に届いた封筒が他の封筒に比べて「やけに厚かった」としたらどうでしょうか?
他にも、明らかに「何か」が入っている膨らみがあったり、振ってみると「カランコロン」と音が鳴ったとしたらどうでしょうか?

中身がとても気になりませんか?

つまり、DMのなかに相手が開封したくなるような特典を入れてあげるよういう方法です。

何かが入っているというだけで、開封をしたくなります。
そしてここでのポイントは、あなたの商品やサービスに関連するような洒落たものを入れるとなおさら良くなります。

私が以前届いたDMでは、「ビジネスを加速させる」というメッセージに被せて「ミニカー」が入っていたこともありました。

そんなDMが届いたらどうでしょうか?

もし、その時は購入などに至らなくっても、きっと相手の心に残るDMになると思います。
そして一回でも心に残ったことで、次にDMを送る際にも見てもらえる優先順位も上がってきます。

何かあなたの商品・サービスに関連するもので、DMに同封できるものはないか?
考えてみてください。

 

できる限り「手書き」で送る

今までにもらった贈りもので、ついついとっておいてしまうものってないでしょうか?

断捨離などが流行っているなかでもついつい捨てずに持っていてしまうものが、私はは圧倒的に「手書き」でもらったものになります。

サークルの仲間からもらった手紙や寄せ書き、恩師からのメッセージカードなどなど、手書きでもらったものはどうしても簡単に捨てることができません。

おそらくそこには、「思い」だったりわざわざ自分のために「手間」や「時間」を割いてもらった感謝や嬉しさなどがあるからだと思います。

なかには、一回しか購入したことがないとあるアパレルショップの方から頂いた手書きのハガキも、未だにまだ持っていたりします。

それは、DMにも同じことが言えます。

もしあなたの手元に、全く同じ内容のDMが届いたとします。
片方は、パソコンで入力したものを印刷出力しただけの手紙と、すべて「手書き」で書かれたものとでは、どちらが心に残りますか?

仮に送る人数が多くてすべて手書きが困難だとしても、手書きのものをコピーすることはできます。

それだけでも、正直ただ単にパソコンで入力した無機質なものよりも受けとった方は嬉しくなります。

これだけデジタルが主流になった現代だからこそアナログな「手書き」が逆に効果が高くなっています。

海外のトップマーケターの方々のなかでも、最強のメディアは「手書きの手紙」と言われているくらいです。

是非、内容はもちろん封筒の宛名やメッセージなども「手書き」で書いてみてください。

 

内容を3回届ける方法を考える

案内を1回で終わるのではなく、何回かに分けて相手に届く様にしましょうということです。

facebookなどでも、イベントなどの案内が何回も届いた経験などあると思います。

これは要素の一つとして、催促をかけるという意味もありますが、相手のリマインダーのためという要素もあります。

これまで、一回届いて、少し興味がイベントやなどがあった時に、後で返事しようと思っていて気付いあたら終わってしまっていた…
なんて経験はないでしょうか?

その逆に、直前にもう一回連絡が来たことで、ふと思い出して急遽イベントに参加した!

なんて経験もないでしょうか?

人は先のことになると相当重要なことでない限り、後回しにすることが多いです。
「気になるけれど、あとにしよう」
「あとで、返答しよう」
など、もしかしたら他の用事が入るかもしれないからという理由などから返答を後回しにします。
そして、一回保留にしたのちに忙しさや他の用事が重なり、返事をすることを忘れてしまうことになってしまうのです。

そんな時は、何回かに分けて相手に案内が届く様にしてみてみることをオススメします。

人が案内文について、一番アクションを起こすタイミングは、案内が届いた最初のタイミングと締め切り直前です。

そして、1回だけの案内の場合もしからしたら見落としていたり、届いていない可能性もあります。

回数としては、3回くらいが丁度良いと思います。

「何回も送ると催促してるみたいでなんか嫌だな…」
と思うこともあると思います。

そんな時は、案内に持たせる意味を変えるようにしてみてください。

1回目が初回の案内です。

そして2回目の案内は、「先日送らせて頂きましたがちゃんと届いていましたか?」
という内容で連絡をするようにします。
これならば、「あくまで確認で…」という意味で送ることができます。

そして最後の3回目が、「締め切りが迫っていますがいかがですか?」
という案内になります。

これならば比較的抵抗なく、相手に接点を持たせることができます。

3回もDMを送ることがコストがかかる。というのではあれば、2回目の確認はFAX、3回目の締め切りは電話でするというように、アプローチする手段を変えるようにしてみて下さい。

それならコストもかからず、かつ媒体を変えていることで、相手に何回も催促されている感覚が軽減されるのでお互いにストレスが軽くなります。

いかがでしたでしょうか?

コストが高いDMですが、ちょっとした工夫で中身を見てもらうことは十分に可能です。
ちょっと表紙に手書きを書き加えたり、何か中身が気になるものを同封してみたりなどそんなに手間がかからないもので「お客さんが気になる」ものになればみてもらうことができます。

そして、多くのライバルはこのようなことをしていません。

なるべく当たり障りのない周りと同じようなことをしようを思っているからです。

当たり障りのないものは、お客さんからするとただのゴミになってしまいます。

いかに、興味を持ってもらえるか、いかに中身に関心を持ってもらえるか?
少し遊び心を持ってやっていただけると楽しんで、且つより高い反応を出していくことができるようになります。

同じ仕事も「楽しんだ人には勝てない」

是非DMを出される際は、他と違うことができないか?試してみてください!

ABOUT ME
岩脇 政憲
「96%の中小企業は価値を安く売り過ぎ」という思いから、忙しいのに売上が伸びない経営者が「働き方は商品を変えることなく、売り方・見せ方・伝え方を変えるだけで売上を何倍にもする専門家」 起業後2年で20もの業種で成果を出す。 不動産の業績を6ヶ月で1.5倍・呉服屋の業績を1ヶ月で2倍・サロン収益を9ヶ月で1,200万円UP・ライターの単価15倍などを支援。 売上を上げたいけれど、これ以上仕事が増やせない・売上を上げられないと悩む経営者が、働く時間・やりたい仕事・お客さんを自分で選べるビジネススタイル作りのお手伝いをしている。

こんにちは!
岩脇です!

「12Step集客基礎講座」をここまで読み込んで頂きありがとうございます。
12Stepを全てご確認頂き、また実際にワークにも取り組んで頂き、
改めてどのようなご感想・心境になって頂いているでしょうか?

これくらいじっくり取り組んだのだから完璧だと思われているでしょうか?
それとも、もう少しじっくり何度も読み直して、ワークに取り組んでみたい。
と思われているでしょうか?

その他にも、いろいろなことを考えていらっしゃるかもしれません。

ただ、確実に言えることは、
「12Step集客基礎講座」を全て読んで頂いたことによって「ビジネスの全体」を知ることができ、かつ考えることができたということです。

つまりあとは、
それぞれのStepに沿って1歩ずつ確実に進めていくことで、
あなたのビジネスは確実に前進し成長していくはずです。

しかし、このコンテンツをお渡しした人が
全員うまくいっているかというと
実は、そんなことはありません。

確かにこの「12Step集客基礎講座」は、

大手・中小企業や個人事業主に関わる全てのビジネスに対応し、
共通しているマーケティングの全体像であり、
ロードマップであることには間違いはありません。

でも、その通りに成果を出すともいれば、
なかなか思うような成果を出せずに悩んでしまう人もいます。

それはなぜでしょうか?

それは、「努力の方向性」を間違ってしまっているからです。

さらに細かくお伝えすると、

1.ゴールの設定を間違えてしまう
2.努力の方向性を間違えてしまう

ということです。

「ゴールの設定を間違えてしまう」とはどういうことかとういうと、
例えば、あなたが今東京にいて大阪へ向かいたいと思っていたとします。
しかし、あなたにとって理想の結果は実は東北に向かうことだったとしたら
どうでしょうか?

例えば、「ねぶた祭りを見に行くこと」があなたが得たいゴールだったとしたら?

仮に大阪に辿り着けたとしても、あなたの得たい「ねぶた祭りを見に行くこと」という結果は手に入れることは難しくなってしまいます。

逆に2の「努力の方向性を間違えてしまう」とはどういうことかというと、

先の例で言えば、あなたが今東京にいて大阪へ向かいたいと思っていたとします。
あらゆる交通手段の乗り方もマスターして準備を進め、いざ向かおうと思った際に、乗り込んだ新幹線が東北へ向かうものだったらどうなるでしょうか?

おそらく大阪へたどり着くことはできないはずです。
仮に辿り着けたとしても、かなりの遠回りをして膨大な時間とお金と労力をかけることになってしまいます。

一生懸命いろいろな知識やノウハウを勉強したり、
習得したとしても、ここを間違えてしまうと、
どれだけ努力をしたとしてもあなたが手に入れたい結果へ近づくことは
できないということです。。

確かに努力はとても大切なことです。
努力なしで得られる成果はたかがしれています。

経営者はもちろんのこと全ての人が、その人なりに全力で努力をしています。
しかし、2つの間違いを犯してしまうことで、どの努力が実らない方も少なくはないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

一番大事なことは、

「正しいゴールを設定」し「正しい努力」をすることになります。

あなたが得たい結果を得るための正しいゴールを設定し、
そこに向けて正しく向かうことができるルートを選ぶこと」

が重要だということです。

大阪の美味しいたこ焼きを食べたいという結果が得たいなら、
大阪に向かうゴールというゴールを設定し、ちゃんと大阪へ向かう新幹線に乗ることが大事だということです。

しかし、この話をするとこのように思われたのでは
ないでしょうか?

「そんなことは当たり前のことじゃないか?」
「当たり前過ぎることを言うな」

と言うご意見です。

確かに、今お伝えした内容は、
何か新しい内容でも、難しい話をしたわけでもありません。
本当に「当たり前のこと」をお伝えしました。

しかし、実際いろいろな方のサポートさせて頂いて感じることは、
多くの方が「ここで」つまづいてしまっているということです。

ではどうして、こんな当たり前過ぎることをしていながら
つまづいている人が多いのかというと、

「ボタンの掛け違い」をしているからです。

例えば、カッコ良いスーツを仕立てて、バシッと決めて
今日は完璧!と思ってパーティーに行ったのにも関わらず、
なぜか周りの方が、あなたのことを怪訝な表情で眺めます。
なかにはあなたのことを見ながら知り合いと笑っている人もいます。

どうしてこれだけ今日はバッチリ決めてきているのに、
変な目線を感じるんだ?とあなたは疑問を感じます。

そこでちょうど挨拶をした友人から
一言耳打ちをされます。

「スーツのボタンずれていますよ…」
と…。

いかがでしょうか?

確かに「知っている」し、「ある程度こなせる」し、
自分ではできていると思っています。

しかし、いざ外から見てみると、微妙に違っている。
少しだけズレている…。

まさに、
「ボタンを掛け違えている」ということがあります。

たかが「ボタンの掛け違い」と思われるかもしれません、

しかし、ほんの少しずれているだけで、時間が経てば立つほど
大きな結果のずれが生じてしまう原因になりかねません。

僕は前職、家の庭のお仕事をしていましたが、
家と家を仕切るためのフェンスも
高さが1mごとに5mmずつずれたとすると、たった10mで5cmのズレが生じます。
20mもなると10cmものズレが生じます。

たかが5cm、10cmと思われるかもしれませんが、お隣さんの家に5cmも入ってしまっていることは大きな訴訟になりかねません。

他の例でいうなら、
目的のルートから1日1mmズレていったとします。
たった1mmも気づかずに1年たったとしたらどうでしょうか?
3m以上ものズレが生じてしまうということです。

3mなんて大したものではないと感じるかもしれませんが、
もしこれがビジネスだったとしたら、すぐに修正することができません。
修正したとしてもいきなりその差を縮めることは困難になります。

つまり、たった少しのボタンの掛け違いに今気づくか、
1年後に気づくかで、結果に大きな違いが出てくるということです。

では、
私たちや多くの経営者の方が、どうして「ボタンのかけ違い」に
気づくことができないのでしょうか?

それは、「自分のことを客観的に見ること自体が難しいことだから」

ということです。

よく、メガネを頭の上に乗せた状態で、「メガネどこだ?メガネどこだ?」って探した経験はあるでしょうか?

もしくは、携帯を手に握りしめた状態で、「携帯どこだ?」って探している状態です。

気づきさえすれば、
「なんてオレはアホなんだ笑」「なんで気づかなかったんだ笑」
という状態になります。

つまり、気づきさえすれば大したことはないことでも、
盲点になってしまった途端に、目の前にあったとしても気がつくことができないようになっているからです。

優秀な経営者や、一流スポーツ選手がコーチやトレーナを雇うのは、自分の知っている専門外の知識を知っていることはもちろんのこと、自分の気づかなかった盲点を気づかせてくれるからです。

では、どうやったらボタンの掛け違いに気づくことができるのでしょうか?

それは、第3者に見てもらうことです。

あなたのことを客観的に見てもらうことで、
ボタンのズレがあるかどうかを確認してもらうということです。

ボタンのズレを早めの段階で発見することで、傷口が開く前の早い段階で対応をするようにしてしまうということです。

今の段階で正しい努力の方向性さえ知るができれば、
あとは、ひたすら欲しい未来・得たい結果に向かって突き進むだけという
環境・状況を手に入れることができるということです。

ただ問題があります。

それは、ビジネスの分野について客観的に見ることができるいないということです。家族や友人に見てもらったとしても、どこがズレているのかを見つけることができる・
一緒に考えることができる人が

そこで今回、あなたにこんなご案内を用意しました。

「一緒に現時点の状況を整理してみませんか?」

というものです。

岩脇が1時間のzoomで個別相談をします。

何をするかというと、
「あなたの現状を整理し、今の問題や課題を明確にするお手伝い」をします。

具体的に言うと、あなたの目標と、方向性をお聞きし、
その目標に進むための、問題や課題を明確にするということです。

ここでは、細かなノウハウや、知識はお伝えしません。

そんなことよりも、
・正しいゴールが設定されているのか?
・正しい方向に向いているのか?
を確認することの方が何倍も大事なことだからです。

さらに言えば「現状の課題を明確にすること」が
とても重要だということです。

ゴールや方向性が合っていたとしたときに、
次のそこに進むうえで、いま抱えている
問題や課題が明確になっていなければいつまでもスタートすることができません。

スタートしても思うようなスピード感が得られない可能性もあります。
先は見えているのに、足元の悪い泥道で一生懸命向かっているような感覚になります。

本当の問題や課題に気がつけていないことで、大きなロスをします。
しなくて良い努力をしなければいけなくなります。

仮に、すぐ隣に歩きやすい小道があるのに、「泥道を歩いていること自体が問題だ」と気づいていないあなたは、泥道を早く進むための筋力をつけ始めるかもしれません。
もっと楽に歩くための道具を買い始めるかもしれません。

本来はそんな努力をしなくても少し横にずれるだけで、問題が一瞬で解決することができたはずです。

多くの経営者が同じような問題を抱えています。
さらには、問題を抱えていること自体にすら気がつけていない状態の方も少なくありません。

そして、先にお伝えしましたが、僕たちのような経営者の一番の問題は「自分のことが一番見えにくいということ」

言い換えれば、見えてしまえば簡単なことです。
頭の上にメガネがあることを伝えてくれる人が隣に居てさえくれれば一瞬で問題は解決することができます。

今回、そんなあなたのメガネがどこにあるのかを発見するお手伝いを、この「12Step集客基礎講座」を購入して頂いたあなただけに提供をしたいと思います。

これができることて、
・何に取り組めばあなたが得たい結果を得ることができるのかが明確になります。
・課題や問題が明確になることで、無駄な努力をしなくても済むようになります
・あとは課題を一つずつ解決していけば、気づくとあなたが得たいゴールがどんどん近づいてきます。
・課題や問題が明確に見えるので自信を持ってどんどん得たいゴールに向かって突き進むことができるようになります。

そんな1時間の個別相談ですが、

12Step集客基礎講座を手にとって頂いた方には、
通常10万円で提供している僕の個別相談を1万円でご提供したいと思います。

もし、1時間で個別相談でボタンの掛け違いを発見することができたら、それだけで売上に直結するようなヒントも手に入るかもしれません。

ある呉服屋の方は、商品の提供仕方に問題があるということに気がついただけで、月商が2倍になりました。

あるコピーライティングをされている方は、正しいゴールを見直すだけで、売上は変わることなく労働時間が15分の1になりました。

いかに、正しい目標と、方向性、そして課題や問題を理解することが
重要であるとともに、費用対効果の高いことであるかをご理解頂けると思います。

日頃経営者の方とお会いして、多くの方が本当にボタンのかけ違いをしている方がたくさんいらっしゃいます。

そんな方々に少しでも早く気がついて欲しいと考えて居ます。

何よりこの「12Step集客基礎講座」を手にとって頂いたあなたには、誰よりも気がついて欲しいと考えています。

そのきっかけにまずなりたいという思いから、
今回はさらに、本日から3日以内にお申し込み頂いた方には、
1万円の個別相談を3,000円でご提供したいと思います。

もし、今の状況を改めて一緒に整理したいというお考えが
少しでもあるのであれば、ぜひ、特別価格の個別相談にお申し込み頂き、一緒に考えていけたら幸いです。

ぜひ、下記の申し込みフォームからお申し込みください。

あなたの申し込み心よりお待ちしております。

「あなたのメガネを発見する個別相談」お申し込みページ
お名前
メールアドレス