マーケティングのきほん

差別化のためにおさえておくべき2種類の競合とは?

ビジネスをしていて日頃から「差別化をしなさい」と言われると思います。
その際に、あなたは何をするでしょうか?

おそらくライバル、つまり競合他社について調べると思います。

ビジネスをしていて、ずっとついて回る逃げられないものが「競合他社」の存在、つまりライバルの存在です。
あなたは、常に競合他社と比べられていると思います。
そしてそれは、こちらも同じことが言えます。

では、あなたは競合と聞いてどんな相手が思い浮かぶでしょうか?

そんな当たり前のように気にしている「競合」ですが、いろんな方に聞いていると、意外と見落としている「競合」がいたりします。

では、競合他社を調べるときに一体何を調べたら良いのか?
意外と知られていない見落とされがちな、競合・ライバルについてお伝えします。

競合は2種類のタイプがある

普段から気にしている競合ですが、実は大きく分けると2種類の競合に分けられます。
それは、「直接競合」「間接競合」です。
日頃からいろんな業種の方に聞きますが、どちらかの競合・ライバルしか知らないとおっしゃられる方が多いです。
「直接競合」は、しっかり調べられているけれど、「間接競合」は全く調べていない。
もしくは、「知らない」ということもあります。

では、そもそも「直接競合」「間接競合」とは何なのかをお伝えしていきます。

直接競合

これはその名の通り、あなたがビジネスをしていて日頃から比べられている相手です。
「サービスや商品の内容が同じ」相手です。

おそらく「あなたのライバルは?」と聞かれて、すぐ答えが出てくる・頭に浮かぶ相手になります。

また、お客さんに提案をする際にも、必ずと言っていいほど
「あっちの会社は・・・」
「向こうはこう言っていた」
など言われる相手になります。

例えば、
ハンバーガーを売っているファストフード店なら、同じハンバーガーショップが「直接競合」になります。
コーヒーショップなども同じコーヒーショップが直接競合になります。
家電商品も同様です。
ハウスメーカーなら、同じハウスメーカーが直接競合になります。

まずは、同じ商品・サービスを扱っている直接競合をたくさん書き出してみましょう。

間接競合

意外と気にしていない、見落とされている競合になります。
これは「同じようなメリット」を提供している相手になります。

直接的に、比較されることはないかもしれないですが、お客さん側からすると意外と考えて競合になります。

おそらく、あなたも売り手として考えていると見落としてしまいがちですが、もし購入する側に回った時には自然と比べている・考えている相手になります。

ではどういうものが具体的に間接競合になるのかとお伝えしますが、例えば
先の「ハンバーガーショップ」の場合は、提供しているものが「ファストフード」として考えると、実は「牛丼屋」なども競合になります。

これが「間接競合」です。

「ハンバーガー」という「商品・サービス」を比較すると「ハンバーガーショップ」が競合になります。
でも「ファストフード」というメリットを比較すると、同じファストフード店の「牛丼屋」がライバルになりますよ。
ということです。

他には「ホテル」の直接競合は、同じ「ホテル」になりますが、「寝泊りするところ」と考えると漫画喫茶などが「間接競合」になります。

コーヒーショップも、「ちょっとした空き時間を過ごす場所」と考えるなら、ファミレスなども間接競合になります。今なら本屋ですら間接競合になります。

他にも「投資用不動産」とするなら、同じ「不動産会社」が直接競合ですが、「投資」を商品としてして扱っている場合、株やFX、保険ですら競合になります。

ダイエット商品の場合は、「痩せる」ことを提供していると考えると、スポーツジムですら「間接競合」です。

あなたの、商品・サービスを考えた時に、少し引きで見た場合に、お客さんに「どんなメリット」を提供しているのか考えてみてください。

そして、同じようなメリットを提供している相手はどこにいるのかを書き出してみましょう。

2つの軸で考える

クライアントに聞いていると、調べている情報がどちらかに偏っていることが多く感じます。

不動産の方に聞くと、「間接競合」の「投資」についてはしっかり考えられているのに、同業の「不動産」会社については、意外と情報がすくなかった。
とか
とある専門商社の会社は「直接競合」の同業商社はすぐに出てくるのに、同じ「物流業」と考えた時には何も「物流会社」がでてこない。
など。

どちらかというと商品を提供する側としては、「直接競合」に目が行きがちです。
でも購入する側としては、日頃から「間接競合」をいろいろ考えています。

「電車」で行こうか「タクシー」で行こうか?
「テレビ」にしようか、「パソコン」にしようか?
「コーヒーショップ」にしようか「ファミレス」にしようか?
「サプリ」を買おうか「ダイエット器具」を買おうか?
など

ちなみにこの場合どれも「間接競合」の比較になります。
商品や考える人によってはその逆の直接競合だけ考えているパターンもあります。

あなたのビジネスの「商品」を考えた場合と、「メリット」を考えた場合の両方の競合を書き出してみてください。

そして並べてみると意外と見落としていた大きな発見があるかもしれません。
ぜひ取り組んでみてください。

ABOUT ME
岩脇 政憲
エリアビジネス集客コーディネーター。「96%の中小企業は価値を安く売り過ぎ」という思いから、忙しい経営者が「仕事のストレスを減らしながら、やりたい仕事だけやっても売上が上がる仕組み作り」のエキスパート。 起業後2年で20もの業種で成果を出す。社長の右腕として、売上を上げたいけれど、これ以上働けない・売上を上げられないと悩む経営者が、働く時間・やりたい仕事・お客さんを自分で選べるビジネススタイル作りのお手伝いをしている。
稼いでいる起業家や大企業が知っているビジネスの秘密

あなたは疑問に思ったことはありませんか?

あなたは、高額なお金を稼いでいる起業家が、なぜそんなにたくさんのビジネスを構築し続けることができるのか?ということを疑問に思ったことはありませんか?

そういうことができる人は、センスがある人。才能がずば抜けている人と思われたのではないでしょうか?

確かに、驚くような成果を出している人は、人並み外れたセンスや才能は持っています。しかし実はそこが大きなポイントではなかったります。

それ自体に、大きな差はなかったりします。

それは、ある「ポイント」を知っているか知らないかのだけの差です。

しかし「知らない」というだけで、たった少しの差が、後々大きな差になってしまっています

何か凄いノウハウや知識をたくさん知らなければ、ビジネスがうまくいかない。なんてことは、実はないのです。

その「ポイント」は、

「ビジネスの全体像・フレームを知っているのか?」

ということです。

つまりビジネスをするにあたって、何から、どうやって具体的に、進めていけば良いのか? その「地図」をもっているかどうか?という話なのです。

例えば、東京から大阪へ行くのに、地図を持たずに向かってしまっていることと同じことなのです。 おそらく、いつかはたどり着けることはできます。しかし、そこには膨大な時間とコスト、何より労力がかかります。

趣味の一環で取り組まれているなら、そこまでのプロセスが楽しいということも理解できます。 それが楽しいという方は、それでも良いかもしれません。

しかし、ビジネスは別物です。

結果を出さなければなりませんし、何よりあなたが遠回りをすることは、お客さんに価値を提供すること自体が遅れることになります。

そして、行き先のわからないことにモチーベンションを維持し、漠然と行動し続けることは、想像以上に困難なことなのです。

本当に良い商品やサービスなら、本当にお客さんのために!ということを考えるなら遠回りをしていて良いのでしょうか?

少しでもあなたの商品やサービスをお客さんに届けたい。

お客さんに喜んでもらいたいというのなら…。

「ビジネスの地図」をご提供します。

 岩脇政憲(いわわき まさのり)
エリアビジネス集客コーディネーター
マーケティングパートナー協会メンバー
若手士業イノベーション協会 代表理事

1日電話が最低100件以上睡眠時間4時間
「社長の右腕」として、表面的な付け焼刃のCS・ESに振り回されずに、今いる社員数で、売上1.2倍・利益2.2倍の仕組みを作るお手伝いをしている
1日電話が最低100件以上睡眠時間4時間
やることを「やって当たり前」どれだけやっても、失敗して怒られることはあっても、褒められることが、ほとんどないブラックなクレーム産業でがむしゃらに働いた経験から
「96%の中小企業は商品サービスを安く売り過ぎという事実に気づく」
それからは働き方が180度変わり労力を半分に減らしながらお客さんから選ばれるライバルと競争しない「脱負荷(不可)価値営業戦略」によって、起業1年目から、不動産会社の業績を156%・整体院の売上を労力ゼロで単価を1.6倍、美容サロンを3ヶ月連続昨対1.3倍以上を更新するなどのサポートを手掛ける。

小さな会社のマーケティングの基礎「12Step集客基礎講座」

Step.  目標を明確にする

Step.  あなたの価値観を定義する

Step.  お客さんを理解する

Step.  ペルソナを設定する

Step.  ベネフィット

Step.  商品戦略

Step.  フロントエンド商品

Step.  バックエンド商品

Step.  チェックすべき3つの数字

Step10. リードを増やす無料オファーの作り方

Step11. LTVを高める方法

Step12. 集客に困った時は

 

この講座は…

●売上の規模に関わらず、ビジネスに取り組む人の全てに当てはまる、「普遍的な方法」になります。

●Googleやamazonはじめ、多くの有名な企業が、ビジネスの骨組みを作る際に必ずやっているプロセスの作り方です。

●世の中で様々な企業が、商品やサービスを提供していますが、業績を伸ばしている企業が必ず構築しているビジネスモデルの「アウトフレーム」です。

●これを理解していれば、今後いろいろなノウハウが出てきてもしっかり、ビジネスの全体地図を手にしている状態で、見ることができるので、ブレることがなくあなたのビジネスに取り組むことができます。

●コンテンツの情報提供だけでなく、ワーク付きの内容になっています。

●仮に、全てのStepに取り組まなくても、どれか一つのStepを改善するだけで、単価が5倍以上になった事例もあります。

 

気になる価格ですが…

この内容は、元々30万円の講座でお伝えしている内容になります。

もしこの内容と同じようなことを独学で勉強するのであれば、

最低でも半年〜1年はかかります。いろいろな情報や本、教材やセミナーにかなりのお金をつぎ込んで仕入れることになります。

しかも、独学でやっているので勉強した内容が正しい内容なのかも判断することができません。場合によっては、間違った情報を仕入れてしまうかもしれません。

努力していくとしても、間違った方法で進めてしまっては、得たい結果を手に入れることは出来なくなってしまいますし、もし結果を手に入れることが出来たとしても膨大な時間と労力をかけて遠回りをすることになってしまいます。

それも経験として勉強になったと言えばそうかもしれません。

しかし、同じ結果を手にしたいのあれば、遠回りをしないにこしたことはありません。もし仮に最短距離を進めていれば1ヶ月で成果に変えられたものが、1年掛かったとしたら…?

11ヶ月分は本来得られたはずの利益や成果をみすみす捨ててしまったことと同じになります。

また、本来会社で時給が一番高いのは社長です。

あなたが成果を出すまで掛かっている時間は同等のお金が掛かっていることと同じことになります。先に伝えた勉強や情報を仕入れるための目に見える費用と併せて考えたら、数十万、数百万円はかかることが容易に計算することが出来ます。

なにより、あなたが遠回りをしている間は、本来あなたの商品やサービスによって救われる人たちに提供することも出来ません。その人たちは、その間ずっと問題を抱え続けることになります。そんなことを、お客さん思いのあなたは決して望んではいないはずです。

そんな遠回りをすることなく、お客さんに提供できる方法が手に入るのであれば、あなたにとって間違いなく数十万円以上の価値があるはずです。

仮に5万円の商品を毎月10件売る仕組みを手に入れることができるとしたら、年間で600万円の価値があるということが言えます。

さらに毎日3時間、忙しい仕事をこなしながらいろいろな情報を集めて12ヶ月掛かったとしたら、3×30日×12ヶ月=1080時間をかけることになります。

あなたの時給を1万円としたら、目に見えていないお金が1,000万円以上掛かっていることになります。それが1ヶ月に短縮できるとしたら、どれくらいの費用を削減し、収益に変えることが出来ているでしょうか?

と考えると、いかに早くビジネスの全体像を理解し、お客さんに提供する仕組みを手にすることは、決して安くはない効果が期待できるはずです。

しかし、そんな高額な費用を提示するつもりは全くありません。少しで早く手に取って形にしていただき、あなたはもちろん、そのさきのお客さんも喜んで欲しいという思いから、29,800円でご提供したいと思います。

これくらいの費用であれば、あなたならすぐに元が回収できる金額だと考えています。

ただし、僕はこれがあなたに関わることができる最初のご縁になったら嬉しいなと思っています。なのでもっと気軽に手に取って欲しいという思いから、さらに特別価格をご用意しました。

今回さらに割引して19,800円でお渡しします。

是非、ビジネスの全体像の地図を手にしていただき、あなたのビジネスをシンプルに考えて最大の成果を出すための手順を手に入れてください。そしてあなたの商品やサービスを必要としているお客さんにその価値を届けて欲しいと願っています。

そして、あなたのビジネスをいち早く加速させ、あなたがもっとやりたいこと、出来なかったことができるようになるための仕組み作りの大きな一歩になったら幸いです!

 

 

 

 

特定商取引法に基づく表記