マーケティングのきほん

スモールビジネスが取り組んで欲しいマーケティングとは?

以前、勉強する前に知って欲しい4つのマーケティングについてお伝えしました。
全体像は理解出来たから、じゃあその中でどれを勉強したらいいのか?
次に何から取り掛かれば良いのか?

今回は、その中でもスモールビジネスに取り組まれる経営者の方へオススメのマーケティング手法をお伝えします。

「ダイレクトレスポンス型のマーケティング」を学ぶ

それは「ダイレクトマーケティング」です。
より詳しくお伝えする場合、「ダイレクトレスポンスマーケティング」をオススメします。

「ダイレクトレスポンスマーケティング」というのは、
言葉を分解すると、
「ダイレクト=直接」 「レスポンス=反応」
となり、「直接反応をとることが出来るマーケティングの手法」ということです。

具体的には、DMだったり、はがきだったり、メルマガだったり、電話だったりなど、お客さんに直接接点を持ってその時のお客さんの反応を見ながら改善していく方法になります。

私たちのような小さな会社が学ぶべきマーケティングは、「ダイレクトレスポンスマーケティング」であることを強くお勧めします。

なぜ、ダイレクトマーケティング?

事業やビジネスを始めたばかりの開業時は、お金があまりありません。

また、他にも日々の営業日や日々の経費など、活動していると意外とかかる費用が多くお金がどんどん出て行くことに気づいた方も多いと思います。

そんな時に、一番最初に後回しにされたり、除外されがちな要素が、チラシなどの「広告費」です。
他にも、はがき代や、手紙代、封筒代など誰も気にしていないだろうと思われている、ちょっとした部分などもほとんどの場合、「コスト」とみなされてしまい、削減の対象になってしまうことが往々にしてあります。

お金のないうちは、少しでもお金をかけないようにしたい。

スモールビジネスに取り組む場合、「広告費は必要」と心の中では思っていても、チラシや広告は、成果や反応が出るかどうかもわからない不確定なものとして見られ、売上の見込めないものにお金はかけられないと、敬遠されがちです。

特に営業力がある社長や、自分に自信があるオーナーの方は興味のない場合が多いです。

広告はどんなに小さく初めても費用がかかるのに対し、自分はいくら動いても社員を使うわけではないので、いくら動いても「タダ」という感覚から、とにかくお金をかけずに体力勝負!という経営者が本当に多くいらっしゃるように感じます。

それに、チラシなどの広告費は5万円ですら払いたくないという方に限って、高額のセミナーや交流会や交際費には、何十万という費用をつぎ込んでいたりします。

やらない理由は「成果が出るかわからないから」

そんなに敬遠される一番の理由は、
「成果が出るかわからないから」という理由です。

成果が出なければ、お金をドブに捨てているものと同じという考えが頭の中にあるからです。
ですが、ここであまりお金のない小さな会社ほど、「ダイレクトレスポンスマーケティング」に取り組むことをオススメます。

なぜなら、ダイレクトレスポンスマーケティングは確実に反応を見ることができます。反応を見ることができれば、改善することができます。
改善していけば、必ず成果を出していくことが可能だからです。
そして、一度成果が出れば、継続的に成果がを出し続けることができます。

「ダイレクトマーケティング」=「関係構築マーケティング」

ダイレクトレスポンスマーケティングは、別名「関係構築マーケティング」とも呼ばれています。
一番の強みは「お客さんと関係を構築出来るところ」になります。

定期的にニュースレターを送ったり、情報としてメルマガを送ったり、誕生日キャンペーンをしてみたりなど、いかに「お客さんとの関係を維持し構築しながら、商品を販売していくか」を考える

自社の価値や考えを本当に理解してもらえるお客さんに集まって欲しいと思っている方にとても有効なマーケティング手法になります。

定期的に連絡を取ったり、情報を配信したり、お客さんとの関係性を本当に大切にしたいと思っている、熱意のある経営者やオーナーの方にうってつけの方法だからです。

関係が構築出来るとお客さんがあなたのファンになってくれます。

ファンになってくれれば、継続的に商品を購入してもらえます。他にも自分の代わりにあなたの商品を宣伝してくれたり、広めてくれます。

そして商品の価値やあなたの価値観も理解してくれているので、セールスもしやすくなります。
仮に多少高額の商品だったとしても、時間をかけて売り込みをしなくても商品が売れるようになります。
何より、セールスが苦手な人にとっては、セールスを簡単にすることができます。

やったらやった分だけお客さんから喜ばれる

ビジネスというと、セールスがつきものになります。

商品はすごい自信があるけれど、売り込みが苦手という方は少なくありません。
やったらやった分だけお客さんから喜ばれる方法があったら、どう思いますか?
セールスをかけることに喜ばれたり、逆にお礼を言われるようなことが、もし今後あるとしたらどう思いますか?

素敵ではないですか?

あなたが発信しないことで、お客さんは、他の悪い商品を買ってします可能性もあります。
そんな他の商品を買って失敗するお客さんを作らないためにも、あなたがしっかりと発信していくことが大切になります。

お金のない時ほど、ダイレクトレスポンスマーケティングを!

高額のセミナーにお金をかけるなら、ダイレクトマーケティングの方法を使ってお金をかけた方が、何倍も効果が高い方法です。

広告費といっても、「一気にたくさんかけろ」ということではありません。

理想は最低でも売上の10%はお客さんのためお金をかけることですが、それができないうちは、毎月1万円ずつでも、お客さんを獲得するために、関係を構築するために、費用を投資することをオススメします。

自分の体だけでは、どんなに頑張っていても働ける時間は限られてきます。

1日24時間、1年365日で会える人数には限界があります。

そこで、少しでも身体とは別に、お客さんに接点を持つタイミングを増やしていきませんか?

いきなり成果は出にくいと思いますが、繰り返している内に必ず成果が上がってきます。

「1000里の道も一歩から」王道に近道はありません。
地道に繰り返していくことが、最終的に「一番の王道」になります。

毎月3人ずつでもお客さんが増えていけば、年間36人になります。
1年後あなたのお客さんが36人に増えていたらどうでしょうか?
しかも36人ともあなたのファンだとしたら?

ワクワクしませんか?

是非少しずつでも取り組んでみてください。

ABOUT ME
岩脇 政憲
エリアビジネス集客コーディネーター。「96%の中小企業は価値を安く売り過ぎ」という思いから、忙しい経営者が「仕事のストレスを減らしながら、やりたい仕事だけやっても売上が上がる仕組み作り」のエキスパート。 起業後2年で20もの業種で成果を出す。社長の右腕として、売上を上げたいけれど、これ以上働けない・売上を上げられないと悩む経営者が、働く時間・やりたい仕事・お客さんを自分で選べるビジネススタイル作りのお手伝いをしている。
保護中: Step5 ビジネスを安定させるために抑えてほしい「資産」

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。